住宅・ビルの外壁塗装(塗り替え)・屋根塗装・ベランダ/屋上防水・外壁リフォーム関連小工事、塗装業者検索ポータルサイト

全国の塗装業者

住宅塗替え費用

前もって、これだけは知っておいて(外壁と屋根の塗替え費用)

屋根は外壁に比べ紫外線や雨風の影響をまともに受けるので、その素材はかなりの耐久性が要求されます。  耐久性だけを考えれば日本瓦などの方が強いですが、地震国日本では軽量なスレート系平板瓦(商品名:カラーベスト、コロニアル)が多く使用されています。  また、南北に長い日本では東北から北海道の屋根は積雪対策として勾配をつけたトタン屋根が多く、沖縄では強烈な陽射しに対して有効な琉球瓦と、実に様々な屋根素材が使われています。 ハイテク国家日本では、環境負荷(冷暖房費の削減)の低減を考慮した遮熱・断熱塗料をを用いる屋根塗装も人気が出てきました。

見積金額の算出根拠

ケース@:材料・労務・経費等の原価積算に利益を上乗せ

ケースA:塗装業者の長年の経験から導いた単価を基準

ケースB:同業他社を考慮した業界単価を基準

ケースC:各塗料メーカーのカタログ等に掲載している設計単価を基準

ケースD:建設物価本の積算単価を基準

ケースE:下請け業者に見積もらせた金額に利益を上乗せ

ケースF:歩合報酬制の営業マンのいる会社は歩合分を上乗せ


塗装専門業者はケース@〜Cの方法で用い、異業種からの参入業者はケースD〜Fを用いているようです。
塗装工事費用も ケースD〜Fはケース@〜Cに比べ、かなり割高になります。

あい見積の問題点

判断基準があいまいな中で相見積もり(合見積もり)をすると、ほとんどの人が上下を避け中を取るという選択をします。これは人間の心理として「安心」、「責任逃れ」が表れた結果で、最善の選択ではないはずです。 また、談合の温床にもなりかねません。 ほとんどの相見積サイトは見積参加費と成約コミッションを取るビジネスモデルで塗装業者ダイレクトに比べ割高です。

パック料金について

塗料の耐用年数、機能、種別などの違いで外壁用で10種類以上、屋根用で10種類以上の塗装仕様があります。 組み合わせでは100種類以上の塗装仕様となります。 施主のご希望に合わせて最適な塗装仕様を提案すのが専門業者の務めではないでしょうか? 最近のパック料金の内容を見てみると、シリコン樹脂塗料を中心にたった1種類の外壁と屋根の塗装仕様で組まれているものが多いようです。 金額についても塗装業者ダイレクトの方が割安のようです。

IT社会の見積

インターネット社会が成熟するに従って、価格の決定権がサービス提供側から消費者側へ移りつつあります。 インターネットの仮想世界では消費者が物理的な空間を移動する必要が無く、ある商品を購入しようとすれば、その商品を扱っている世界中の店の価格比較表を作り、一番安い店で購入することもできます。 やがて、一番安い価格が消費者に支持され、より高い価格は時間とともに消滅していきます。 つまり、消費者が価格を決めた形になります。 商品が型番や商品名で特定できるものは消費者にとって大変メリットがありますが、この仕組みを塗装やリフォームのような現場施工の工事で実践するには、業者の能力や人間性(安心・安全)が重要なサービス商品では問題があります。

参考サイト:

・ご自分で見積もって業者へ依頼できるサイト (http://www.epaint.jp)
・IT社会の外壁塗装見積-あい見積や相場が最善でない住宅塗替え工事の実情(http://www.epaint.jp/eP_Mitsumori/Mitsumori.htm)